049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s

境界性人格障害の人との付き合い方は?巻き込まれないように注意

境界性人格障害では、家族、恋人や友人、会社の同僚など、周囲の人が巻き込まれることがあります。

問題に巻き込まれることを防ぐには、境界性人格障害の本人から依存されすぎないように、まわりの人がつき合い方を配慮する必要があります。

スポンサーリンク

親切がしばしばあだになる

頼りなく、つらそうな境界性人格障害の人の様子を見ると、つい助けたくなるものです。

親身になってあげると、相手から全幅の信頼をよせられ、賞賛されるため、助けた方も悪い気がしないものです。

しかし、助け、賞賛される一方の人間関係は決して健全なものではありません。

境界性人格障害の人と、こうした付き合い方が続くと、いつか支えきれなくなって投げ出してしまい、再び「見捨てられ不安」を味わわせてしまうかもしれません。

最初から節度あるつき合いを徹底するほうが、長い目で見れば関係が長続きしますし、お互いのためにもなるのです。

▼関連記事

→彼女が境界性人格障害!恋愛関係での対応や接し方

境界性人格障害の人と適切な距離を保つ

境界性人格障害の人の問題行動に巻き込まれないために「つかず離れず」の距離を保ちましょう。

手を貸しすぎない

断るのは悪いことではありません。できないときは、はっきりと伝えましょう。

どう言われても気にしすぎない

頼みを断ったりすると、はげしく怒ることもあります。しかし、できないのだから仕方がないと割り切りましょう。

自分で確認する

話に肩入れしすぎないよう気をつけてください。人の噂話などは、聞いた人が自分で確認しましょう。

▼関連記事

→ボーダーライン症候群の特徴と症状は?【境界性パーソナリティ障害】

境界性人格障害の人との付き合い方の3原則

実際に、境界性人格障害の人とどのように対応すればよいかはケースバイケースですが、もっとも大切なことは、自分の言葉で話し、一貫した態度を示すことです。

①ルールをつくる

助けを求める行動に限らず、親しみを表す行為でも、度を超えると負担になります。

スポンサーリンク

境界性人格障害の本人に直接困っていること伝え、お互いにルールをつくるとよいでしょう。

一度決めたルールをやぶっては意味がありません。

相手に守ってもらうのはもちろん、自分から破らないように気をつけてください。

【例】
・20分以上は電話で話さない
・夜10時以降の電話は困る。かかってきて受けない。

▼関連記事

→彼女や妻のヒステリーは病気?症状と対処法について

②できることを示す

自分の都合だけで、助けたり助けなかったりでは、関係は不安定になります。

あらかじめ、自分のできる範囲を明確にし、それをこえる場合には、きっぱりと「できない」と伝えます。

【例】
それはあなたの問題だから、私は話を聞くことしかできない

▼関連記事

→【境界性パーソナリティ障害】周りの対応は、ダメ・がまん・大丈夫がキーワード

③今できる対処だけをおこなう

境界性人格障害の人から、切迫した状況で助けを求められることもあるでしょう。

その場合も、求められるままに助けるよりも、家族に連絡とるなど「今、その場ですぐにできること」を優先してください。

「手首を切る」「薬を飲む」などと脅迫のような電話をかけてくることも多くみられます。

焦ってすぐに駆けつけると、境界性人格障害の人は問題行動がエスカレートするおそれもあるので、まずは「止血する」「消毒する」「救急車を呼ぶ」などの具体的な指示を伝えましょう。

【例】
遠くにいるから、今すぐに助けには行けない。

▼関連記事

→子供(娘)が境界性人格障害です。親の接し方は?【ボーダーライン症候群】

→リストカット(自傷行為)をする人は女性が多い?【精神病】

→【まわりのひとの接し方】ボーダーライン症候群の問題行動への対応方法は?

◆この記事は、市橋クリニック院長、精神保健指定医の市橋秀夫先生執筆・監修「パーソナリティ障害のことがよくわかる本(講談社)」の内容に基づいて、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク