ID-10026029

ネット依存症の自己チェックテスト

ネット依存症になっていないか、自己チェックしてみましょう。

インターネット依存度テスト[IAT]

キンバリー・ヤング作成の、年齢に関係なくできるネット依存度テストです。

スポンサーリンク

選択肢

あてはまる内容にチェックしてください。
①全くない
②まれにある
③ときどきある
④よくある
⑤いつもある

チェック項目(20)

1.
気がつくと思っていたより、長時間インターネットをしていることがありますか

2.
インターネットをする時間を増やすために、家庭での仕事や役割をおろそかにすることがありますか

3.
配偶者や友人と過ごすよりも、インターネットを選ぶことがありますか

4.
インターネットで新しい仲間をつくることがありますか

5.
インターネットをしている時間が長いと周りの人から文句を言われたことがありますか

6.
インターネットをしている時間が長くて、学校の成績や学業に支障をきたすことがありますか

7.
他にやらなければならないことがあっても、まず先に電子メールをチェックすることがありますか

8.
インターネットのために、仕事の能率や成果が下がったことがありますか

9.
人にインターネットで何をしているのか聞かれたとき防御的になったり、各層としたことがどれくらいありますか

10.
日々の生活の心配事から心をそらすためにインターネットで心を鎮めることがありますか

スポンサーリンク

11.
次にインターネットをするときのことを考えている自分に気がつくことがありますか

12.
インターネットのない生活は、退屈でむなしく、つまらないものだとうとおそろしく思うことがありますか

13.
インターネットをしている最中に誰かに邪魔をされると、イライラしたり、怒ったり、大声を出したりすることがありますか

14.
睡眠時間を削って、深夜までインターネットをすることがありますか

15.
インターネットをしていないときでもネットのことばかり考えていたり、ネットをしているところを空想したりすることがありますか

16.
インターネットをしているとき「あと数分だけ」と言っている自分に気がつくことがありますか

17.
インターネットをする時間を減らそうとしても、できないことがありますか

18.
インターネットをしていた時間の長さを隠そうとすることがありますか

19.
誰かと外出するより、インターネットを選ぶことがありますか

20.
インターネットをしていないと憂うつになり、イライラしたりしても、再開すると嫌な気持ちが消えてしまうことがありますか

チェックを以下の点数で計算してください

①=1点
②=2点
③=3点
④=3点
⑤=5点

合計すると何点?

判定

【20〜39点】
平均的なユーザー

【40〜69点】
インターネットによる問題あり。ネット使用が生活に与える影響を考えましょう。

【70〜100点】
ネット使用の重大な問題あり。治療が必要。

◆この記事は、独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター院長、精神科医である樋口進先生執筆・監修「ネット依存症のことがよくわかる本(講談社)」の内容に基づいて、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク