ID-10033441

アスペルガー症候群の受診は何科にいけばいい?

日本では、アスペルガー症候群の専門医はあまり多くいないのが現実です。

アスペルガー症候群で受診しようとした場合、総合病院や大学病院など大きな病院の「小児神経科」にかかるのがベストです。

スポンサーリンク

大学病院や総合病院の「小児神経科」を受診するとよい

子どもにアスペルガー症候群が疑われる場合は、大学病院や総合病院の小児神経科を受診するとよいでしょう。

思春期以降の子どもの場合は、精神科病院の「児童神経科」というところでも診てもらえます。

アスペルガー症候群の専門医は少なく、誤診も多い

精神科の専門医でも、日本ではアスペルガー症候群のことを知っている人はまだあまり多くないため、正確に診断してもらえないことがあります。

また、症状の特性が似ていることから「統合失調症」や「強迫神経症」と間違えられて、誤診されることもあるようです。

アスペルガー症候群は、脳波所見や知能検査は正常で、診断の決め手にはなりません。

スポンサーリンク

はじめから大きな病院にかかるのは抵抗がある場合は、かかりつけの小児科医に相談してみるのもひとつの方法です。

小児科医なら、たとえアスペルガー症候群の診断はつけられなくても専門医を紹介してくれるので、紹介状を書いてもらい専門医を受診するとよいでしょう。

小児神経科か児童神経科への受診がベスト

【思春期前の子ども】

大学病院や総合病院の「小児神経科」

【思春期以降の子ども】

精神科病院の「児童精神科」

大人の精神科では、アスペルガー症候群を正しく診断してもらえないこともあるようです。

症状の特性から「統合失調症」という病気に誤診されてしまう可能性もあります。

また、入り口として保健センターや自治体の窓口を利用するのもおすすめです。

かかりつけの小児科医に相談するのもひとつの方法

どの病院に行ったらよいのか分からない、最初から大きな病院に域のは抵抗がある、という人は、近所の小児科で相談してみるとよいでしょう。

診察や治療は受けられなくても、専門医の情報は持っているはずなので紹介状を書いてもらえます。

◆この記事は、元東京大学医学部附属病院小児科医長、お茶の水女子大学大学院教授の榊原洋一執筆・監修「ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方(講談社)」の内容を元に、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク