ID-10053899

スケジュール管理がアスペルガーのパニック対処になる

アスペルガー症候群の特徴として、急な予定変更が苦手な点があります。

予定変更やスケジュールの変更で、パニック状態になってしまうアスペルガー症候群の子もいます。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群のパニック予防、対処方法として、一日のスケジュール表をつくると予測がつき、アスペルガー症候群の子も安心して行動することができます。

予定が分からないとパニックになるアスペルガー症候群

アスペルガー症候群の子どもは、これから起こることの予測がつかないことに不安を感じます。

その不安から、パニック状態におちいってしまうアスペルガー症候群の子もいるほどです。

アスペルガーのパニック予防、対策として、きちんと計画を立て、事前にこれからの行動を確認しておくと、そのストレスを軽減させることができます。

写真やイラスト、カードを活用してスケジュール管理を

例えば、一日のスケジュール表をつくり、冷蔵庫などに張り出しておきます。

・朝は7時に起きて、着替えをすませる。
・朝ご飯を食べて、学校までの道順を確認し、家を出る。

アスペルガー症候群の子どもがとるべき行動を、絵や写真、イラストなどの視覚的なイメージで示したり、言葉で明示したりして、アスペルガー症候群の子を安心させてあげる対応が効果的です。

スポンサーリンク

担任の教師の協力も必要になることも

学校生活の中では、ときに予定通りにいかないこともあるので、親だけでなく担任の先生など教師の協力も必要になります。

アスペルガー症候群の子の対応として効果的なのは、学校や幼稚園での一日の活動予定を表や図にして掲示し、スケジュール管理をしておくことです。

必要に応じて教師がカードの順序を入れ替えて提示し、子どもの理解を得てスケジュールの変更に対応するとよいでしょう。

予定を示したり、カードを持つようにして理解を助ける

アスペルガー症候群の子どもは、予測がつかないことに対して不安を感じやすい傾向があります。

その日その日の計画を立て、事前にこれからの行動を確認しておくと、そのストレスを軽減させることができます。

スケジュール表をつくって貼っておく

・一日のスケジュール表をつくり、冷蔵庫などに張り出しておく。

・アスペルガー症候群の子がとるべき行動を、イラストなどの視覚的なイメージで示し、言葉でもはっきりと示す。

予測される行動をカードに書いて持たせる

・学校で起こりがちな状況下の行動を、カードに書いて持つようにする。

・学校では教師に協力してもらう。

・スケジュールの変更があったら必要に応じて教師がカードの順序を入れ替えて子どもに示し、理解を助ける。

◆この記事は、元東京大学医学部附属病院小児科医長、お茶の水女子大学大学院教授の榊原洋一執筆・監修「ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方(講談社)」の内容を元に、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク