ID-100383939

すぐ泣く、すぐ怒る、感情的なADHDの子の対応方法は?[友達関係]

自分の思い通りにならないからといって、すぐに感情的になってしまうと友達づきあいは長続きしません。

感情的にすぐに泣く、急に怒る、という特性を持っているADHDの子は、気持ちの切り替え方法を覚えておくことが必要です。

スポンサーリンク

すぐに怒り出すADHDの特徴

勝ち負けにこだわり、自分が負けそうになると急に怒り出したり、泣き出したりするなど、感情のたかぶりがおさえられない子がADHDの中にいます。

トランプなどゲームをしていても、少しでも自分が不利になるとゲームを投げ出してしまったりすることもあります。

ADHDの子はうまく感情をコントロールできない

ADHDの場合、喜怒哀楽といった自分の感情の中でコントロールする力が弱く、感情のままに行動してしまいます。

まわりの人には、ADHDの子がささいなことで感情が大きく変化するように感じられます。

ADHDの子は、ゲーム遊びをしているときでも、一番が最もよいことだと思い込み、順番に執拗にこだわる面をもっていることもあります。

勝つこと、一番になることに強いこだわりを持つADHDの子

ADHDの子の中には、ゲームなどの勝敗だけでなく、ちょっとした順番を決めるときにも「一番」に激しくこだわる場合があります。

スポンサーリンク

これはある意味、ADHDの子の心の余裕のなさのあらわれとも言えます。

がんばっているのにうまくできないことばかりで、いつも心の中に満たされない思いを持っているADHDの子は、負けるということを受け入れることができません。

勝つこと、一番になることが重要だと強く思っているのです。

ADHDの子がやる気を失わない工夫を

ADHDの子にとって、思い通りならない状況になっても、投げ出さない、あきらめないで続けられるように、まわりの人が励ましたり、雰囲気を盛り上げたりして対応しましょう。

対応例「怒らない・泣かないことを目標にする」

ゲームや遊びでADHDの子が負けそうになっても、怒ったり泣いたりしないことを目標にする。

負けそうになったら「おしい!」「いいところまでいってる」など次回に向けて期待させる言葉をかける。

対応例「発想の転換で楽しい雰囲気づくりを」

ゲームで負けそうにピンチになったときは、「子のスリルがたまらない」などADHDの子の発想の転換をうながす。

勝ち負けよりも、ゲームをワクワク楽しむ感覚を味わえるようにする。

対応例「一番以外のよさを教える順番決め」

順番が最後の人から好きな駒やカードが選べるようにするなど、一番意外にも特典があるようにして順番をきめる。

◆この記事は、東京都杉並区立済美教育センター指導教授、早稲田大学大学院教育学部教職研究科非常勤講師、月森久江先生執筆・監修「ADHD LDがある子どもを育てる本(講談社)」の内容を元に、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク