ID-100215390

彼女や妻のヒステリー、すぐキレるのは病気?症状と対処法について

彼女や妻など「女性のヒステリー」と聞くと、何かすごく怖いイメージがしてきますね。

女性のヒステリーの主な症状は、例えば「キーッと怒り狂う」「大声で怒鳴り散らす」「カーッとなって興奮する」「物を投げる」などが考えられます。

スポンサーリンク

ところで、彼女や奥さん(妻/嫁)など、すぐキレる女性のヒステリーは、精神病など何かの病気が原因なのでしょうか。

また、ヒステリーに対しては、家族やまわりの人はどんな対応や対処法をとればいいのでしょうか。

すぐキレるor怒る、ヒステリーは精神病などの病気なのか?

ちょっとした出来事で急に怒る、一度怒り出したら止められない、異常なほど興奮して物を投げたり壊したりする。。。

男性にとって、彼女や妻(嫁)など女性のヒステリー症状は、精神的に強烈なインパクトを与えるものです。

普段はやさしいのに、ささいなことがきっかけでカッとなって火がついて、大声で激しく怒り出したりヒステリー状態になったときは、顔の表情が鬼のような形相になる女性もいて「すぐキレるヒステリーって、精神病とか何か心の病気じゃないのだろうか?」と感じる男性も多いことでしょう。

すぐキレる、突然怒り出す、といった女性のヒステリーは病気なのか、について調べてみました。

ヒステリーは病気?境界性人格障害とは?

すぐキレる、急に怒る、激しく怒る、叫ぶ、暴れる、物を投げる、など、異常な興奮状態になりやすいヒステリー(ヒステリック)の女性は精神病なのでしょうか。

妻が急に怒り出したり、彼女がすぐキレる、という特徴から考えると、精神疾患/精神病のひとつである「境界性人格障害/境界性パーソナリティ障害」の可能性が考えられます。

境界性人格障害とは「ボーダーライン症候群(BPD)」とも呼ばれる精神障害(精神疾患)の一種です。

主な境界性人格障害(パーソナリティ障害)の特徴としては、情緒不安定、精神的に不安定な性質を持ち、感情が激しく動く、ネガティブ思考、被害妄想が強い、などの傾向があります。

▼関連記事

→【境界性人格障害】周りの対応は、ダメ・がまん・大丈夫がキーワード

すぐ怒る?境界性人格障害の症状について

急に怒り出す、すぐにキレる、など、一般的に私たちが「ヒステリー/ヒステリック」と呼んでいる症状は、境界性人格障害の症状に共通している点が多くみられます。

また、自分を否定する言動や拒絶される行動に過剰反応したり、ささいなことで急に怒り出したり、感情の振れ幅が大きいのも、境界性人格障害とヒステリーに共通して似ている症状です。

スポンサーリンク

他にも、境界性人格障害の人は、衝動的に自傷行為(リストカット)をしたり、「死んでやる!」と自殺をほのめかしたり、ストーカー行為をするようになったり、という問題行動がみられることもあります。

もし、ヒステリーな彼女や奥さん(妻/嫁)がこのような症状を持っているのであれば、高い確率で境界性人格障害ではないか、と考えられます。

境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害)は、家族や本人の努力だけではなかなか改善が難しいものです。「あれ、なんかおかしいかも?」と感じたときは、できるだけ早めに精神医など専門家に相談して、適切な対応をとることをおすすめします。

▼関連記事

→彼女が境界性人格障害!恋愛関係での対応や接し方

ヒステリーな女性(彼女/妻)との接し方や対処方法について

今回はヒステリーな女性(彼女/妻)への接し方や対処法についてポイントをまとめてみました。

激しいヒステリー症状が特徴的な境界性人格障害の場合、否定されること、拒絶されること、見捨てられること、などに対して、異常なほど過剰反応をしめします。

その場合の対処法としては、女性の存在や意見を否定することなく共感する姿勢が大切になります。

また、女性の心の底には強い不安があり、その不安のあらわれが激しい怒りなどのヒステリーの症状です。そういったこともふまえると、女性に安心感を与えるような接し方が望まれます。

安心を脅かさない、本人の気持ちをくむ、など、相手を大きく支えるような接し方がいいでしょう。

また、境界性人格障害の可能性が考えられる場合には、本人、家族の努力や意識だけでは改善が難しいので、早めに精神科医など専門家に相談するようにしてください。

▼関連記事

→境界性人格障害の人との付き合い方は?巻き込まれないように注意

→リストカット(自傷行為)をする人は女性が多い?【精神病】

→【まわりの人の接し方】ボーダーライン症候群の問題行動への対応方法は?

◆この記事は、市橋クリニック院長、精神保健指定医の市橋秀夫先生執筆・監修「パーソナリティ障害のことがよくわかる本(講談社)」の内容に基づいて、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク