ID-10033899

境界性パーソナリティ障害の自己診断チェックリスト

境界性パーソナリティ障害についての、自己診断チェックリストです。

もしかしたら境界性パーソナリティ障害かもしれない、まわりの人に境界性パーソナリティ障害じゃないのって言われた、などで、病院の精神科を受診した方がいいのかもしれないけど、と病院への受診を迷っている人も多いと思います。

スポンサーリンク

確かに、病院の精神科と聞くと、ちょっと怖いイメージがあって気軽に受診できない、という気持ちになるのも無理はありません。

そういった場合は、まずは自分で境界性パーソナリティ障害に当てはまるかどうかを自己診断してみましょう。

過去1年間くらいの自分の状態を振り返り、次の各項目に当てはまるかどうか、自分でチェックしてみてください。

境界性パーソナリティ障害の自己診断チェックリスト

①親や恋人、友人など大切な人から見捨てられるかもしれないと不安な気持ちになり、相手に必死にしがみついたり、見捨てられないようにと相手を困らせたことがある。

スポンサーリンク

②相手を理想的な人だと思い込んだり、最低な人だとガッカリしたり、好き嫌いが激しい方だ。

③自分が本当はどんな人間なのか、わからなくなってしまうことがよくある。

④衝動的に危険行為や悪い行動をやってしまうことがある。

⑤自傷行為(リストカット)をしたり、自殺企図をしたり、まわりの人を困らせたことがある。

⑥一日の中で、自分の気持ちや感情が両極端に変化することがある。

⑦いつも心の中に虚しい感じや空虚感を感じている。

⑧ちょっとした出来事でも、自分の思い通りにいかないとすぐにキレて怒りだしてしまうことがある。

⑨被害妄想にとらわれたり、一時的に記憶が飛ぶことがある。

自己診断チェック結果

上の自己チェックシートにあてはまる項目が、9項目のうち5つ以上ある場合、境界性パーソナリティ障害の可能性があります。

境界性パーソナリティ障害の正確な診断には、精神科の専門医による診断が必要です。

早めに病院を受診することをおすすめします。

◆この記事は、市橋クリニック院長、精神保健指定医の市橋秀夫先生執筆・監修「パーソナリティ障害のことがよくわかる本(講談社)」の内容に基づいて、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク