ID-10046217

風呂嫌い?髪の毛を洗わない?アスペルガー症候群の身だしなみ

アスペルガー症候群の子の中には、お風呂が苦手、風呂に入りたがらない、髪の毛を洗わない、といった特徴があらわれる場合もありまうs。

アスペルガー症候群の子には、特有の皮膚感覚があることを十分に理解した上で、身だしなみを整える大切さを理解させていきましょう。

スポンサーリンク

髪の毛を洗わない、風呂に入らない人も?

アスペルガー症候群の人にとって、シャンプーを使って髪を洗ったり、石鹸を身体につけたりするのを、非常に不愉快に感じてしまうことがあります。

髪の毛を洗いたがらない、風呂に入りたがらない場合、親や周りの大人はアスペルガー症候群の子の気持ち十分に理解する必要があります。

アスペルガー症候群の子が何日も同じ服を着ている場合もありますが、これも同じように、違う服を着たときの新しい刺激が不快に感じる理由があるのです。

身だしなみを整えるために【アスペルガー症候群】

社会生活を送るうえで、身だしなみを整えることはとても重要です。

身体を洗わないと不潔になること、家族や友達は汚れた服やニオイが不快に感じることなどを、明確に説明しましょう。

スポンサーリンク

長々と説明するのではなく、「こうすることになっているんだ」とルールを教えるように話すと理解しやすくなります。

せめて一日おきには入浴し、服を着替えて欲しいなど、こちらの期待することも簡潔に言葉で伝えます。

お風呂に入ったり服を着替えたりしたら、子どものが望むごほうびを与えるというのもひとつの方法です。

アスペルガー症候群の子の感覚は独特

例えば、アスペルガー症候群の子が身だしなみを整えられないのは、次のような理由があります。

・シャンプーで髪を洗うのが不快
・着替えた服が身体に触れる刺激が気持ち悪い
・石鹸を身体につけるのが気持ち悪い

アスペルガー症候群の子が、独特の皮膚感覚を持っていることを十分に理解しましょう。

ルールを教えるように話して伝える

【子どもが望むごほうびをあげる】
お風呂に入ったり、着替えたりしたら、
・好きなゲテレビを3観ていいよ
・ゲームを30分やっていいよ
・好きなお菓子をあげる

【「こうすることになっている」と説明】
・身体を洗わないことは不潔なこと
・家族や友達は、汚れた服装が嫌
・不潔にしていると臭くなって嫌われる
・1日おきには入浴し、服を着替えて欲しい

◆この記事は、元東京大学医学部附属病院小児科医長、お茶の水女子大学大学院教授の榊原洋一執筆・監修「ササッとわかるアスペルガー症候群との接し方(講談社)」の内容を元に、当サイト運営事務局の心理カウンセラーが記事編集をしています。

スポンサーリンク